オリジナルのクリアファイルを作ることの意義や効果

企業の業務は今やIT化がかなり進み、その影響で紙の資料を使う業務というものは減ってきているはずでした。しかし、今もまだ企業内で紙の資料が溢れかえっている、というところは多いのではないでしょうか。確かに電子化されたデータは収納するスペースも必要ありませんし、資料の改訂も簡単です。しかし、自社内でどれだけ電子化を進めても、社外から運ばれる紙というものはなかなか消えないということもあります。実際、カタログやマニュアル、契約書類など、まだまだ紙でのやり取りが多いものというのは意外に多くあるようです。そうなってくると、自ずと紙資料の整理というものは業務の中で必須のものとなってきます。そんな時に役立つのがクリアファイルです。そこで最近では、企業ロゴなどが入ったオリジナルのものを使うところも増えてきました。では、そういったものにはどんな効果があるのでしょうか。

オリジナルのクリアファイルがもたらす効果

こういった企業独自のクリアファイルは、まずは使用用途として資料を挟んで社外の方に渡す、といった際に使われます。そうすれば書類を裸で渡すよりもかなり丁寧な印象を持ってもらえますし、連絡先を記載しておけば折返しの連絡先が相手にも分かりやすくなるでしょう。また、パンフレットなどの販促物を挟む物としても十分な意義があります。販促物には実際に売りたい商品などの情報を詰め込むため企業の連絡先などは小さくなってしまいがちですが、ファイルにならスペースがありますので、連絡先や企業コンセプトなどを大きく載せることができるからです。さらに、こうしたファイルなら、実用品として相手先の社内でもそのまま別の資料を挟んだりといったことにも使ってもらえるので喜ばれることが多いようです。しかも、社内で使ってもらえれば社名などのアピールにもなるので一石二鳥と言えます。

その他にこんなメリットもあります

その他にもオリジナルのクリアファイルには様々なメリットがあります。例えば販促物として考えた場合、かなりコストが安いという事です。販促物の定番であるボールペンと比べると、コストがかなり安いうえに目立つのでおすすめと言えるでしょう。また、耐久性もインクなどが減っていくボールペンなどと比べてかなり長持ちするものと言えるので、長い間使ってもらえるのものかなりのメリットです。長い間使ってもらえれば、その分社名などが知ってもらえる機会が増えますので、それだけ販促効果が高いと言えるでしょう。このようにビジネスシーンで多用される上に、耐久度も高く長い期間アピールに使ってもらえるというものはあまり他にはなかなかありません。オリジナルのものを作る上で、かなりコストパフォーマンスが良いものと言えるのではないでしょうか。