クリアファイルをオリジナル作成する方法

ノベルティなど販促ツールとしても利用しやすいクリアファイルをオリジナルで作成したいと思ったら業者に依頼をするのが確実です。昔はそれこそ大量に作らなくてはいけなかったのですが、最近では50部以下の少量でも作れる業者も増えてきていますので、試しに作ってみたい時にも最適です。利用する業者によっても、作れるサイズは違ってきますし、フルカラーや幾つかの色を使って作るなど様々です。一般的には作りたい数量を決め、印刷するためのデータを作り、それを業者に提出すればそれをプリントして製作してくれます。オリジナリティ高いものを製作しておくと、いつでも配布することができますので、用途に応じて作っておくと便利なアイテムとしてたくさんの人に宣伝などに活用できます。

どんな目的で作るのかを考えたい

クリアファイルに写真やイラストを入れればオリジナルグッズを手軽に製作することができます。とはいえ、ただ闇雲に作るというのではあまり意味がありません。お店の商品やサービスの宣伝ツール、イベントなどの記念品、ちょっとした限定のノベルティなど、活躍する幅は広いですから、じっくり考えてみましょう。比較的印刷して納品されるまでにあまり時間はかからない事が多いのですが、綺麗に印刷をしたいとか、急に必要になったときなどは早めに作らないといけないので事前に問い合わせておくと納期の相談もしやすいです。部数は同じでも業者によって違いますので、幾つか気になる業者があれば製作を依頼する前に見積もりを取って比較しておくと、納得した上でより綺麗なファイルの製作をしてもらえます。

綺麗な仕上がりにするためにはどうするのか

せっかく作るオリジナルのクリアファイルですから、綺麗に仕上げられるようにしたいのは当然です。業者に依頼をする時も印刷データを作って提出しますので、テンプレートの使用の有無、対応するソフトは指定があるのかどうかなど必ず見ておきましょう。業者が違えば全くやり方が違うこともあるので注意が必要です。ほぼフルカラーでの印刷が可能なところが多いですが、必要に応じて箔押しなどのオプションも利用すれば、さらに特別なアイテムとなります。また、色を指定して印刷するなどいろんなやり方もあるので、デザイン次第によっては安価かつ特別な色を使って製作もできます。分からない事があればそのままにせず、きちんとしたデータを作ってから業者に提出する事が、綺麗な仕上がりには必要な事となります。